家族も猫ちゃんも
居場所がある家
Part2

戸建
川崎市 K様  中古戸建を大規模リノベーション  
家族構成:ご夫婦 お子様2人 猫ちゃん1匹  築年数:14年

他にもたくさん!
「こだわりのリノベ ポイント」

吹き抜けから繋がる踊り場は
インナーテラスのようなくつろぎ空間に。

踊り場には壁に付けたCDプレーヤーから音楽が流れ、子どもがもう少し大きくなったら、ソファを置いてインナーテラスのように使う予定。
現在は南に向いた天窓から入る暖かな日差しで、いい洗濯物干場になっています。隠しワイヤーの物干で空間を邪魔しません。
梁をあえて見せて、高い天井を活かす空間づくりをしています。
実はここも猫ちゃんの通り道になったのは計算外のよかった点。梁を伝ってロフトまでひょっこりやって来ます。

おとうさんの場所はとにかくカッコよく!

コミックが多いご主人の所蔵本に合わせたサイズの本棚、革細工がご趣味のご主人用の書斎は「とにかくカッコよく!」トーンもシックにウォールナット色で塗られていて、天井や壁はコンクリート調に。コンクリート調の壁紙は、手で触れなければ分からないほどリアル。本物のコンクリートでは湿度調整が劣り書庫には向かない、カッコいい雰囲気だけ取り入れるベストな選択、見た目だけでなく使用感も考えてのご提案です。
書庫と書斎を隔てる壁には、アイアンのフレームがポイントの室内窓を設置。それぞれの空間をつなぎ、風と光を届けてくれています。これも石田のアイデア、本の日焼け予防のためスクリーンで外窓を閉じてしまうことの多い空間を、室内窓が圧迫感のない居心地のいい場所にしてくれます。

脱衣所・洗面・トイレを一体化することで、
広く明るい気持ちのいい空間に。

水回りは無垢の床ではなく、濡れてもお手入れが楽なクッションフロアに。無垢の床から続いていても違和感の無いリアルな木目調。あえてトイレと洗面・脱衣所スペースをひとつの空間にすることで、天窓から入る光と風が全体に行き渡る、広く明るいスペースがつくれました。
ここで活きるのがグリーンの壁紙、空間にメリハリが出来て、ひとつの空間でありながら、しっかりトイレは区切られています。どこまでグリーンにするかが、とても重要なポイントです。
こだわりのオリジナル洗面台は、タイルを飽きのこないシンプルな黒に。鏡と台の幅を広くすることで、収納を確保できるだけでなく、子どもと一緒に並んで使う余裕もできました。

小ぶりながらも実現できた、
風通しのいいシューズインクローゼット。

玄関に印象的なブルーグレーの扉。中はシューズインクローゼットになっています。土間はベビーカーを置きたいので広くしたい、でもクローゼットも欲しい。
そんな要望から土間には収納ボックスは置かずに、玄関ホールを仕切ってシューズインクローゼットのような収納スペースにするアイデアが生まれました。家族が多いと散らかりがちな靴も、脱いで仕舞ってそのまま上がれるシューズインクローゼットのおかげで、いつでも玄関はすっきり。
オープンな空間に扉を付けた形なので、風通しがよく靴の居心地もよさそう。仕切りになっている壁も、こだわりの白いレンガ調の壁紙。この柄のサイズ感と陰影が絶妙です。

外観の印象で大切な玄関ドアは
ウッド+アイアンで室内デザインと統一。

もともと左官風のテクスチャーがあった外壁、色だけが問題でした。そこでテクスチャーは残して白く塗り替える方法を選択。玄関ドアは室内のデザインに合わせて、ウッド+アイアンのものに交換。玄関灯も奥様こだわりのクラシックな佇まい。実はこの建物は、もともと3棟共通のデザインで、ある建築会社によって建てられた物件でした。外観を大きく変えなくても、ポイントを押さえたリノベーションをすることで、他の2棟とは違うオリジナルな戸建となりました。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEで送る